夏のカンジダ症

カンジダ性亀頭包皮炎を自宅でこっそり完治させる薬

夏になると、女性の間で地味に多くなる病気があるそうです。それは、性器カンジダ症。性器カンジダ症自体は、女性の間ではよくある病気ですけど、夏になるとそれが特に多くなるみたいなんです。

なんでも、カンジダ菌は通気性が悪く、湿気の多い所で繁殖するため、夏になって汗をかく機会が多くなるとその分、カンジダ菌が繁殖してしまうリスクも増すのだとか。女性の性器って形の関係でどうしても通気性が悪いですから、夏になるとカンジダ菌には格好の温床になるということなんですね。

でも夏にカンジダ症ってちょっと嫌ですよね。だってカンジダ症の薬って大体軟膏じゃないですか。ただでさえ夏は汗でベトベトなのに、その上に薬でもって、場合によっては生理以上に不快じゃないですか。

なので、夏は特にカンジダ症にならないよう注意しようと思います。まぁ夏なら汗かくせいでお風呂は毎日入りますから、その時にちゃんと身体を隅々まで洗うよう心掛けるようにします。